祇園東の舞妓・叶菜さんの記事

2016/1/3

祇園東・叶家の舞妓・叶菜(かのな)さんの記事が掲載されています。

【京都検定1級記者の都めぐり】美しく大人っぽく…店出し後に成長する舞妓さん(1/2ページ) – 産経WEST

舞妓(まいこ)さんのデビューにあたる「店出し」の日はやはり格別である。12月1日。この日から舞妓さんになる叶菜(かのな)さんは当然だが、こちらも元日を迎えたようなシャンとした気持ちになる。シャッターボタンを触れている指先も緊張し、最初のひとコマがなかなか押せない。

 着付けを担当する男衆(おとこし)さんが、黒紋付きの着物に続いてだらり帯をリズミカルに締めていく。それを真剣な表情で鏡を見ながら整えていく叶菜さん。

 雲ひとつない天から暖かな日の光が差し込む。まっさらな空気が充満した室内にキュッ、キュッと響かせる帯のすれる音に後押しされながら、やっと2回続けてシャッターを切った。