祇園甲部の舞妓・佳つ江さんのトーク書き起こし15/05/17

2015/5/18

5/17に行われた京都伝統産業ふれあい館での祇園甲部・小田本の舞妓・佳つ江(かつえ)さんのトークの書き起こしです。

祇園甲部の紹介をお願いします。

みなさん、こんにちは。
うちが所属してる祇園甲部は、だいたい大きいお茶屋さんでいうと一力さんていうお茶屋さんがあるとこどす。行事ごとというたら、先月まであった、四月一ヶ月間ある都をどりがある街になります。

舞妓さんになってよかったこと、やりがいについて教えてください。

よかったことは、お座敷でお会いするお客様なんかに…毎日全然違う自分のふれあったことのないお客さんにお会いできることがすごく幸せなことやと思います。

舞妓さんになったきっかけを教えてください。

みなさん、こんにちは。
うちが舞妓さんになろうと思ったきっかけは、舞妓さんは15〜二十歳までしかなれへんのどすけど、その間しかなれないというのに魅力を感じてなりたいと思いました。

舞妓さんのお名前はどのようにして決まるのですか?

置屋さんによって、それぞれ名前の筋というのが決まってるんどすけど、だいたいは引いてもらったお姉さんに一文字頂いてお名前が決まります。
うちは章佳司さん姉さんというお名前を…妹として引いてもらったので、姉さんの佳という字を頂いて佳つ江という名前になりました。