宮川町の芸妓・菊丸さんの記事

2015/11/19

宮川町の芸妓・菊丸(きくまる)さんの記事が掲載されています。

京都の芸舞妓、禁止のフライドポテト目当てに変装も

ファストフードを食べるために、時には変装することもある京都の芸妓たち──。ファストフードが無性に食べたくなることは、大抵の人にとってはたいした問題ではない。しかし、優美に振る舞う彼女たちにとっては、大胆な作戦を伴うこともある大事なのだという。

 京都では芸者のことを芸妓と呼ぶ。彼女たちがフライドポテトを頬張っているところを世間の人に見られるのはご法度だ。そこで、芸妓や見習いである舞妓の中には、周囲の人にその素性がばれないよう、綿密な計画を立てる人もいる。

 祇園(Gion)のお茶屋でAFPの取材に応じた芸妓の菊丸(Kikumaru)さん(31)は、「(芸舞妓は)周りに与えるイメージに非常に気を遣わなければならない」と話す。京都には現在、芸妓が175人いるという。